Flamenco-Spain.com トップ

Páginas especiales - Wiki - 著名フラメンコアーティスト
A B C D E F G H I J K L M N Ñ O P Q R S T U V W X Y Z
       1 - 2   次のページ


Alejandro Moreno Vera

Alejandro Moreno Vera は1982年にマラガで生まれました。アーティストの実家はフラメンコの家系で、16歳のときには偉大なマエストロ Pepe Satorre に師事しました。   
現在アーティストはソロとして、またカンテとバイレにアカンパニーしています。

Andres Cansino

Andrés Cansino は1971年の10月にマラガで生まれました。9歳の時、複数の教師について音楽の学習を開始ししましたが、その後(初のステージを踏む)16歳までは独学することを決心します。アーティストは12のレコードを発表しました。彼はクラシカルなギタリストで Manolo Sanlucar のクラスをコルドバの国際ギタリストフェスティバルで行いました。

Andres Segovia

この商品をご購入いただいたお客様はこちらの商品も購入されています: Andres Segovia
CD Son de Andalucia.Andres Segovia
CD Son de Andalucia.Andres Segovia

金額
12.50 €- (1,512 ¥)

Andrés Segovia Torres はハエンのリナレスに1893年2月21日に生まれ、1987年の7月3日にマドリードで心臓発作のため亡くなりました、94歳でした。

アーティストは大工の息子で、父親はよりよい環境で息子を教育するために叔父の家に預けます。アーティストは化学の道を歩むはずでしたが、密かに音楽を勉強、ギターの独学をしました。

当時、ギターは数ある楽器の中であまり"誇れる"楽器ではありませんでした。それはバーやタブラオの楽器、すなわち"ジプシーの楽器"、"教育の低い楽器"とみなされていたからです。
彼の最初のマエストロはフラメンコギターに嗜みのある理髪師でした。アーティストは10代の間マラガにある音楽院で学習しました。
16歳の1909年にはグラナダで最初のコンサートを持ちます。
Andrés のデビューは20歳であった1913年のマドリードであるとおおかた考えられています。このコンサートのために質のよいギターをレンタルしなくてはなりませんでした。当時彼が所有していたギターはコンサートには不十分でした。

1922年に "Cante Jondo" のコンクールがグラナダで行われました。アーティストは Manuel de Falla と Federico García Lorca とコラボレートしました。その時、優れた建築家である Don Francisco Prieto-Moreno Pardo と親友関係になり以後 Herradura en Almuñecar の地を愛するようになります。Andrés Segovia は数年後にこの地に農場を購入します。それゆえに La Herradura には今でも彼の名前に由来する海岸沿いの遊歩道があります。

アーティストはまたバルセロナの Liceo シアターでも演奏するようになり、その後1924年にはパリやロンドンでも公演します。アメリカ公演を行った31歳の1928年にはもはや当時のフラメンコギター界において世界で最高峰のギタリストでした。

彼の最初のレコードは1927年でした。実際フラメンコの歴史においてアーティストの業績は非常に大きく、Andres Segovia Torres によってアーティストとしてのギタリストの存在が広く適確に認知されるようになります。1937年に始まったスペイン内戦をきっかけに、1947年、彼はスペインを離れてウルグアイに移ります。そこでギター製造業者とコラボレートしてクラシックギターのデザインに携わるようになります。高品質のウッドに当時としてはまだ新しい技術であったナイロンのストリングを採り入れてギターを製作、ボディーのシェイプも現在のものにより近いものにしました。

アーティストとしての彼の成功の鍵は自身のギターが奏でる"ソナリティ(響き)"の美しさであったといっても過言ではありません。

Andrés Segovia は94歳で亡くなるまで3度の結婚をしました。最初の2回は妻に先立たれ、アーティストの3人目の妻となった Emilia del Corral は彼よりも45歳も年下で、彼の死まで一緒でした。1981年、スペイン国王は彼に Marqués de Salobreña の称号を贈りました。

また彼の故郷であるリナレス市は "Maestro y la silueta de su guitarra" の名前の時計を設置しました。時計は今でも彼の作品 "Estudio sin luz" で時を告げます。

Antonio Carrion Jimenez "Antonio Carrion"

この商品をご購入いただいたお客様はこちらの商品も購入されています: Antonio Carrion Jimenez "Antonio Carrion"
CD La pureza del cante. Menese
CD La pureza del cante. Menese

金額
15.70 €- (1,899 ¥)

CD Mis 70 anyos con el cante
CD Mis 70 anyos con el cante

金額
19.95 €- (2,413 ¥)

"Antonio Carrión" もしくは "EL Niño Carrión" の名で知られたアーティストAntonio Carrión Jiménez はセビリヤの Mairena del Alcor で1964年に生まれました。

アーティストの家族は伝統的なフラメンコ一家で、アーティスト自身カンタオール "Carrión de Mairena" の息子で、フラメンコの最初の手ほどきを自身の父より受けました。13歳のとき自身最初のレコーディングを行いました。アーティストはまたカンタオール "Cancuna" の孫息子で "Juan Talega" や "Antonio Mairena" の親友でもありました。

彼の演奏は伝統的なフォームと革新的な流行とが見事にバランスをとったものでした。彼のアーティストとしてのルーツは "Melchor de Marchena" や "Niño Ricardo" などの偉大なアーティストらの教えにあります。
アーティストはボルドーやモン・サン・ミッシェルなどのフランスの都市のフェスティバルで、さらには デュッセルドルフやムリュッセル, アムステルダム, アレクサンドリア, ブルージュ, ジュネーブやローマ, ベルリンなどでパフォーマンスしました。

Antonio Lopez Arenas "Antonio Arenas"

この商品をご購入いただいたお客様はこちらの商品も購入されています: Antonio Lopez Arenas "Antonio Arenas"

"Antonio Arenas" の名で知られた Antonio López Arena は1929年3月15日に Ceuat で生まれ、2008年の10月28日にマドリードで亡くなりました。, falleció en Madrid el 28 de octubre del 2008.
アーティストの父は Francisco López Cacao "Carrión de Mairena" で 母は Adela Arenas Romero、またカンタオール "Cancuna" はアーティストからみて大叔父にあたりました。
Antonio Arenas は実家で自然とフラメンコに親しみ、そして彼の父は彼がほとんどまだ小さい時からフラメンコを教えました。アーティストが13歳のときに、初めてのレコーディングを行いました。Conchita Piquer, Manolo Caracol, Manolo el Malagueño や Juan Valderrama らは彼に手ほどきをしたアーティストらです。
彼のデビューはマドリードの "La Villa Rosa" でその後タブラオやフェスティバルなどに参加していくようになります。
また彼はカマロン・デ・ラ・イスラのレコーディングにアカンパニーして参加した最初のアーティストでした。その後ベネズエラに渡り6ヶ月ほど滞在しました。その後マドリードに戻り "El Corral de la Moreria" に参加しそのまま5年間を過ごします。
1960年代にやっかいな病気にかかり、そんな彼を励まし助けるためにアーティストらが集まり "El Circo Price" をパフォーマンスします。カンテやバイレ、演奏などの一流のアーティストが多く集まりました。
彼は自身のキャリアにおいて実に多くのカンテアーティストらに参加しました: "El Almendro" "Elu de Jerez", "La Macanita", "Tina Pavón",  "Pansequito", "José Mercé", "José Menese", "Chano Lobato", "Chocolate", "Vicente Soto", "Rancapino", "Carmen Linares", "Camaron de la Isla" "Alejandro Sanz" や "El Lebrijano" など。彼はまたマドリードの多くのタブラオで長年にわたって活動しました。彼は自身の最期の日まで精力的にフラメンコのミーティングに参加し、また人材育成に尽力しました。

Antonio Soto Arjona "Antonio Soto"

"Antonio Soto" の名で知られたアーティスト Antonio Soto Arjona は1966年12月2日にバルセロナで生まれました。マラガの歴史あるフラメンコのルーツを持った家系の出身で "La Pirula" と "La Cañeta" がよく引き合いに出されます。
アーティストが14歳のときにツアーを開始し、アラブ首長国連邦やスーダンの首都ハルツームなどを Juana Ximenis や弟子の Carmen Amaya らと一緒に周りました。1982年にはマドリードのタブラオ "Los Tarantos" や "El Cordobés", "La Venta del Gato" で活動しました。1983年、Antonio Gades グループの Antonio Salas のアカンパニングギタリストとして活動しました。
1985年以降はマラガの Alhaurín de la Torre のグループ "Torre del cante" のオフィシャルギタリストとして活動し、また "José Mercé", "Camarón de la Isla", "Aurora Vargas" など第一線の偉大なアーティストのギタリストとして活躍しました。
現在はマエストロ  "Fosforito" こと Antonio Fernández Díaz のギタリストとして、またカンタオール Manuel de los santos "Agujetas" のギタリストとして活躍しています。アーティストの最新の CD は "Pa'er teto" です。


受賞歴:

1992: Premio Nacional de Guitarra en Alhaurín de la Torre.
2001: Premio Nacional de Córdoba, acompañamiento "Juan Habichuela"
2002: 1er. Premio Bordón Minero Festival Internacional del Cante de las Minas de La Unión Murcia.

Daniel Borja Casares

Daniel Borja Casares マラガのエステポナに1980年に生まれました。8歳の時には "A la Guitarra Estepona" と呼ばれるコレクションCDですでにプロとしてのキャリアを歩み始めます。

彼のアートスタイルはラテンジャズに由来する陽気で楽しい雰囲気のサウンドをフラメンコにミックスするものでした。そのため創作される彼の作品も楽しい仕上がりとなり観客層はバラエティに富み。みなその得のある即興、快楽的な技術にほれ込みました。


ディスコグラフィ: 


Duende Flamenco 1999.
La Madrugá 2001.
Corazón de Tu Alma 2004.
Caballero 2007. 

Diego Flores Amaya Arriate "Diego el Gastor"

"Diego el Gastor" の名で知られるアーティスト Diego Flores Amaya Arríate は1908年にマラガに生まれ1973年にセビリヤの Moron de la Frontera で亡くなりました。
幼少期をカディスの El Gastor で過ごし、その後  Moron de la Frontera に移ります。そこでの彼の教師は Pepe と José Naranjo Solis でした。彼のアーティストキャリアは主にフィエスタなどで養われ、公の場でのパフォーマンスはごくわずかでした。
しかし最も重要なことは彼のプレーイングよりも、それが実際にどのようにパフォーマンスされるかであり、Diego はアーティスティックな表現のピュアなエッセンスを手にするのに、とても退屈なファルセタをも"真のネットワーク"へと変換する才能を持っていました。それは単に音符が羅列されているだけの無機質な音楽ではなく、まさしく表現に富む音楽と魂のコンビネーションです。
アーティストが亡くなった1973年に "Cátedra de Flamencología y Estudios Folklóricos Andaluces de Jerez de la Frontera" フラメンコ国立アワードを与えました。
Moron de la Frontera 市内には彼の名前を冠した通りがあります。7月13日、Jardines de la Alameda に記念館を建ててアーティストを称えています。

francisco de Asis Tarrega y Eixea "Francisco Tarrega"

"Francisco Tarregas" の名で知られた Francisco de Asís Tárrega y Eixea は1852年の11月21日に Villareal Castellón で生まれました。そして1909年の12月15日に亡くなりました。アーティストの父は Francisco Tárrega Tirado で母は Antonia Eixea Broch でした。

小さいときから Francisco はよくベビーシッターから逃げては灌漑水路に落ちました。そのことはアーティストに大きなショックを与え、精神的な苦痛が彼の視力を奪いそれは生涯続きました。

アーティストの父は息子の将来を憂え、もし失明した場合にそれで暮らしていけるよう、音楽を学ばせるため Castellón に引っ越しました。
最初の音楽クラスを担当したのは Eugenio Ruiz と "El ciego Marina" の名で知られた Manuel González でした。彼らもまた盲目のアーティストでした。
1862年ソリスト Julián Arcas は Francisco が演奏しているのを聴き、彼がより高いレベルの音楽クラスを持つようバルセロナに来るように家族を説得しました。
しかし当時の家族の家系はとても余裕の持てるものではなく、Francisco は家族を助けるため近隣の町などでコンサートを持つようになりピアニストの仕事を "Casino de Burriana" で手に入れます。その頃、富豪であった Antonio Canesa はアーティストが名門音楽院 "Conservatorio Nacional de Música" で音楽の修練ができるよう彼にマドリード行きの旅を出資します。
その当時のアーティストの教師 Arrieta は彼にピアノをやめギターに専心することを助言します。1880年の冬の間、アーティストは代役でありカンテのコンサート Novelda に出演し、そこで将来妻になる Maria Rizo と知り合います。

1881年には Lyon でコンサートをし、その後パリへ向かい複数の劇場でパフォーマンスし、その後もロンドンなど旅を続け、Novelda に戻り Maria Rizo と婚約します。
その後夫婦はマドリードに身を落ち着け、そこで第1子となる Maria Josefa が生まれます、しかし不幸にも生後すぐになくなってしまいます。夫婦はバルセロナへと拠点を移します。

バレンシアでアーティストは自身の音楽家としてのキャリアに影響を与えることになる女性と知り合います: Concha Martínez は未亡人の富豪でアーティスト夫妻にバルセロナの Sant Gervasi にある家を貸し出します。後に名作として世に残る彼の作品の大半はこの家から生まれることになるのです。

Tarregas は感受性ゆたかで、内気ながら温かい心を持った人間でした。そのためアーティストのコンサートはいつも規模が小さく、それが彼自身をいつまでたっても経済的に楽にしてくれないという問題でした。
1906年アーティストは左半身麻痺に苦しみます。この長期にわたる病気も彼の家族を経済的に苦しい状態に追い込みます。彼の近い友人たちはアーティストがそんな状態から立ち直れるように、コンサートなどで何とかできるようサポートしていきます。

彼は自身の持病をどうにか克服していき、新たにツアーを1908年の10月に計画実行していきます。彼は12月3日に Castellón に戻ります。しかし底での生活は期待していたものとは異なり、結局バルセロナに戻ってくることになります。1909年12月15日、バレンシア通りの自宅で彼は亡くなりました。

Francisco Sanchez Gomez "Paco de Lucia"

この商品をご購入いただいたお客様はこちらの商品も購入されています: Francisco Sanchez Gomez "Paco de Lucia"

"Paco de Lucia" の名で言わずと知れたフラメンコ界の巨人 Francisco Sánchez Gómez は カディスのアルヘシラスに1947年の12月21日に生まれました。
アーティストの父は Antonio Sánchez Pecino で母はポルトガル系の Lucia Gómez でした。彼のアーティストネームは彼の母に由来します。彼が生まれ育った地区では幼少のころより "Paco el de Lucia" と呼ばれるようになります。父、そして兄である Ramón recibió よりギターの手ほどきを受けるようになります。ア=ティストの父はかつて Melchor de Marchena の従兄弟である Manuel Fernández "Titi Marchena" よりギターのトレーニングを受けていました。
兄の "Ramón de Algeciras" とともにプロのギタリストになり、数年間ギタリストグループを結成し活動します。
1960年代の中旬、カンテの巨人 である "Camarón de la Isla" と知り合います。このアーティストコンビは言わずもがな"稀代のケミストリー"を生み出し、いまだにフラメンコ史に燦然と輝く伝説です。彼らは1968年から1978年の間に10のアルバム作品を世に出しました。
"Paco de Lucia" 2つのアカデミーより影響を受けました: "Niño Ricardo" のアカデミーと "Sabicas" のアカデミー。
"Niño Ricardo" はフラメンコギターの集中統合型かつモダン型でした。"Sabicas" のアカデミーはフラメンコギターの技術を大きく拡張した:ラスゲオやスリーフィンガー、一本弦のアルサプアなど、Sabicas は本当に自身の持つ技術が深く豊富で、時にそのビートの強さやコンポジションのクウォリティの高さからマイクを使用せずにパフォーマンスをしたこともありました。
"Paco de Lucia" のフラメンコ界における最高の貢献はフラメンコを国際的なものとし、ポピュラーな地位にのし上げたことです。今でもこのアーティストはそのパーソナリティから、またそのリズム感、奏でる音の力強さから最高のギタリストの一人として考えられています。

アーティストはキャリアを通じて列挙できないほど数多くの賞を受賞しました。下記はその一部です:
"premio nacional de Guitarra de Arte Flamenco"
"medalla de Oro al Mérito de las Bellas Artes" (1992)
"Distinción Honorífica de los Premios de la Música" (2002)
"premio Príncipe de Asturias de las Artes" (2004).
彼はプライベートでサッカーとダイビングをするのが好きでした。



ディスコグラフィ(一部):
Los Chiquitos de Algeciras en 1961, con Pepe de Lucía.
Dos Guitarras Flamencas en 1965, con Ricardo Modrego.
Doce Canciones de García Lorca para Guitarra en 1965, con Ricardo Modrego.
Dos Guitarras flamencas en América Latina en 1967, con Ramón de Algeciras.
Canciones Andaluzas para dos guitarras en 1967, con Ramón de Algeciras.
La fabulosa Guitarra de Paco de Lucía en 1967.
Doce Hits Para 2 Guitarras Flamencas en 1969.
Hispanoamérica en 1969.
Fantasía Flamenca en 1969.
Recital de Guitarra en 1971.
Con Los 7 de Andalucía en 1971.
El Mundo del Flamenco en 1971.
El Duende Flamenco en 1972.
Fuente y Caudal en 1973.
En vivo desde el teatro real en 1975.
Almoraima en 1976.
Interpreta a Manuel de Falla en 1978.
Castro Marín en 1981.
Friday Night in San Francisco en 1981, con Al Di Meola y John McLaughlin.
Sólo quiero caminar en 1981, The Paco de Lucia Sextet.
Passion, grace and fire en 1983, con Al Di Meola y John McLaughlin.
Live... one summer night en 1984, Paco de Lucia Sextet.
Siroco en 1987.
Zyryab en 1990.
Concierto de Aranjuez de Joaquín Rodrigo en 1991.
Live in América en 1993, Paco de Lucia Sextet.
The guitar trío en 1996, con Al Di Meola y John McLaughlin.
Luzia en 1998.
Esta Es Mi Historia en 2002.
Nueva Antología Edición conmemorativa del Premio príncipe de Asturias en 2004.
Cositas Buenas en 2004.

       1 - 2   次のページ


弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。