Flamenco-Spain.com トップ

Páginas especiales - Wiki - フラメンコのパロ(リズム)
A B C D E F G H I J K L M N Ñ O P Q R S T U V W X Y Z

Bulerias(ブレリアス)

ブレリアスはジプシーソングにグループ分けされ、ソレアレス派にも分類されます。

La Caña(ラ・カニャ)

La Caña(カニャ)はジプシーのカンテに属し、ソレアを包括します。マトリックスカンテで12拍子の韻律で構成されます。La Caña(カニャ)はフラメンコのあらゆるジャンルの中でも最も重要なカンテの一つであると考えられています。そのメロディが与えてきた影響は疑いなくはっきりとしたもので、多くのマイナーカンテのみならず、オリジナルとして頻繁に聴かれているような古くからの曲にもその影響は見てとれます。

ソレアやセギリージャスなどLa Caña(カニャ)よりもその起源が古く歴史あるものもありますが、権威ある意見によっては、どちらがより古いかという以上にその起源はソレアと同じなのではないかとも考えられています。

La Caña(カニャ)は歌うのが非常に難しく、カンタオレスは深い声が必要なのは言うまでもなく、スタイルについて完璧に把握しコントロールする力が必要です。

Seguirya(セギリージャ)

当初スタイルは "playera(プラジェラ)" と呼ばれていました。フラメンコパロの一つで、悲劇の歌、陰鬱で暗く、ゆっくりとカンテが進められていくのも特徴です。フラメンコパロの一つですが、言うまでもなくその中でも最も重要なパロの一つです。このコプラの歌詞は上述のように悲劇的な内容で人間関係の苦しみや痛み、死や愛について語られます。6音節で4つの韻からなり、第一と第二、第四、第十一、第三となっています。第二と第四のリズムは協和音もしくは半音階です。その構造は厳格ではなく、最も重要な要素は“形”ではなく“フィーリング” です。一般的な型以外にも7-7-11-7 や 8-5-11-6などのメトリックのセギリージャスもみられます。他には 6-11-6 があります。この型では第一と第三、そして第二が繰り返されます。

Serranas(セラーナス)

Serranas(セラーナス)はカンテ・ヒターノ派に属し、セギリージャス系にまとめられます。12拍子のメトリック(韻律)スタイルです。セギリージャのグループにおいて、serrana(セラーナ)はアンダルシアのカンテ・カンペロです。そのため、セラーナはヘレスのブドウ園でもカンテがおこなわれていました。農地でのセラーナは後に町にやって来て6弦のリズミックギターと“出会い”ます。

Soleares(ソレアレス)

Soleares(ソレアレス)はカンテ・ヒターノグループで、ソレアレス系のカンテ・マトゥリスです。
Alegrías(アレグリアス)はカンテ・ヒターノグループで、ソレアレス系のバイレ用のカンテで12拍子のメトリック(韻律)スタイルです。カンテは主にフェスティブでカディス (Cantiñas カンティニャスという名称)系の音楽の一部分をなします。そのコプラ もしくは エストゥロファ(詩節)は8音節に4韻文で構成されます。そのメロディはバイレを促進させ、リズムはコンパス ソレアのメトリック(韻律)で、しかしテンポやスピードにおいてソレアは違い分けることができます。そのスタイルは軽快で、陽気、享楽的でクリアなバイレリズムを持っています。

Tangos(タンゴス)

Tangos(タンゴス)はカンテ・バイレのグループに属する、コプラのフラメンコパロの一つで8音節の3つから4つの韻で構成されます。バリエーションに富んだ複数の様式がり(カディスやトゥリアナ、ヘレスやマラガなど)フラメンコの中でも最も基本的なスタイルの一つとして認識されています。常に話題の中心はタンゴスの起源がカディスとセビリヤの間であるという事実です。つまりアルゼンチンのタンゴとは全く関係がありません。可能性として19世紀の古い歌から来ていると考えられています。これらの音楽はその後今日までにいくつかの過程を経て現在のスタイルになりました。:4/4拍子のシンギングスタイルで 可能性としてありえる全ての調性でなされます。最初のカンタンテはカディスの El Mellizo と Aurelio Sellés でした。セビリヤのPastora Pavon と "el Titi", ヘレスの Frijones と "el Mojama", と La Piruja そしてマラガの la Repompa と el Piyayo でした。

Tanguillo(タンギージョ)

Tanguillo(タンギージョ)はカーニバルのタンゴ、もしくはカディスのタンゴです。そのカンテはカーニバルのコーラスとして歌われ、4/4 のコンパスです。

Tientos(ティエントス)

Tientos(ティエントス)はカンテ・ヒターノにそのルーツを持ちます。カンテはタンゴスのグループに属し、2拍子のメトリック(韻律)スタイルのパロです。ティエントと呼ばれるクラシック音楽のタイプがありますが、フラメンコのTientos とは一切の関係がありません。
韻律法的にコプラは連節の8音節に3つか4つの韻文のリフレインで構成されます。フラメンコのタンゴにその起源を持ちます。実際にはそのリズムはオリジナルよりもゆっくりで、それゆえかつてはTango Tiento(タンゴ・ティエント)と呼ばれていました。

Zambra(サンブラ)

この商品をご購入いただいたお客様はこちらの商品も購入されています: Zambra(サンブラ)
De la zambra al duende. Juan Habichuela
De la zambra al duende. Juan Habichuela

金額
10.35 €- (1,247 ¥)

Morisca(モーロ式の)のフェスティバルでカンテされます。かつてはアンダルシアのヒターノのフェスティバルでカンテさていました。現在にまで残るスタイルはグラナダのサンブラです。
Sacromonte(サクラモンテ)の洞窟では、同時に最小で3つのバイレが統合して構成されます: la alboreá, la cachuchaや la moscaなど。これらはヒターノの結婚式にある3つの段階をシンボルとして表すものです。

弊社独自のHTTP cookie及びその他のcookieを使用し、インタ-ネット上ナビゲ-トをさらに快適にしています。こちらのぺ-ジでナビゲ-トを続けている場合はお客様が弊社cookieの条件を受け入れている事になります。